コンテンツへスキップ

肌が乾燥しているときの対処方法

口周りが乾燥しやすい

秋冬になると空気が乾燥しがちのため、口周りなど粉吹き状態になることもあります。

また、春先なども、花粉などの影響により肌のバリア機能の低下から水分が不足しやすいです。

食事や会話をすることなど、口周りというのは摩擦が多いからです。

口周りは、目立ちやすい部位でもあるため、乾燥肌対策を行いましょう。

できれば乾燥させないことが一番です。

しかし、もし乾燥してしまっているのなら、適時保湿を行いましょう。

化粧品などを用いて、保湿を心掛けることが大切です。

また、摩擦などを極力避ける癖をつけましょう。

保湿力の高い化粧品を用いることで、対策が可能です。

自分の肌質にあった商品を使用することで、より効果を高められます。

食事中は、口周りを強く拭かないようにしましょう。

摩擦によって、口周りが乾燥する原因になります。

乾燥しやすい部位の症状と対処法

乾燥肌になりやすい部位があります。

おでこや背中、腕です。

おでこの乾燥が気になる場合は、洗顔を適度に行い、保湿を行うことです。

おでこの乾燥は、洗顔のしすぎやシャンプー剤などの荒い残し、摩擦による影響などが原因です。

背中は、直接見ることができない部位なので、洗い残ししやすいです。

洗い残しのほか、服による摩擦の影響などが原因となる場合もあります。

背中の対策は、入浴時にきちんと汚れを落とすことです。

また、服も肌に対して刺激とならないように、やわらかめの素材の服を選びましょう。

腕も、背中と同様に、汚れの場合や服の摩擦の影響が原因です。

部位にかかわらず、過度な洗いすぎで、肌は乾燥します。

丁寧に洗いすぎないということもポイントです。

その他にも、室内で過ごす際に、空気の乾燥を防ぎましょう。

加湿器などで、湿度の調整を行うことで、対策ができます。