コンテンツへスキップ

乾燥肌とアトピーや冬にニキビの関係は

乾燥肌とアトピー性皮膚炎はイコールではない

乾燥肌とアトピー性皮膚炎は、異なる疾患です。

乾燥肌は肌が乾燥している状況です。

肌の乾燥によって肌が刺激に弱くなってしまい、痒みや湿疹を引き起こします。

アトピー性皮膚炎も肌が乾燥している状況です。

しかし、アトピー性皮膚炎の場合は、発病する原因が、肌の乾燥ではなく、アレルギーなのです。

何らかのアレルゲンに肌が過敏に反応して、痒みや湿疹を引き起こします。

同じようで、異なる皮膚疾患なのです。

2つの疾患の大きな違いは、症状の広がりやすさにあります。

乾燥肌は、全体に症状が広がりにくく、アトピー性皮膚炎は、全体に症状が広がりやすいです。

2つの皮膚疾患は、専門家でも判断が困難とされています。

治療方法も異なるので、皮膚科医師に一定期間診察を行う必要があります。

どちらの皮膚疾患も、放置してしまうと掻きむしってしまったりして、症状が悪化することでは共通しています。

早期に皮膚科医師に相談した方が良いでしょう。

乾燥する冬にニキビができやすい原因と対処法

冬になるとニキビが悪化することがあります。

ニキビの原因は複数ありますが、原因の一つは皮脂の分泌量です。

冬は、気温が下がり、空気が乾燥してしまいます。

また、エアコンの利用も多くなり、空気が直接あたりやすくなる時期です。

人の肌は乾燥すると肌にバリアを作ろうとして皮脂を多く分泌します。

その結果、ニキビが悪化してしまうのです。

冬にニキビを悪化させないためには、肌の保湿力を上げることが大切です。

具体的には、化粧水・乳液やクリームなどの化粧品を利用する方法になります。

大切なことは、日々のケアを忘れないことです。女性はもちろん、男性にも有効な対策になります。

ただし、女性と男性の肌質は異なります。自分の肌に合ったケアを行うことが重要です。

一般的には、男性の方が女性より皮脂が多いと言われています。

過度に乳液やクリームを使い保湿してしまうと、顔に油分が多くなってしまいます。結果的に、新たな皮膚トラブルに繋がることがあるのです。