コンテンツへスキップ

乾燥肌がひどくなる前に病院に行く

乾燥肌の治療は、皮膚科に行きましょう。

乾燥肌は、年齢を重ねると自然に発生することがあります。

しかし、一度発症してしまったからといって、二度と普通の肌に戻らないわけではありません。

治療やケアに力を入れれば、以前と同じような肌質に戻るのです。

努力次第で、肌質はいくらでも改善できます。

病院の皮膚科で診断を受け、適切な治療薬をもらえば、肌質は回復します。

また、乾燥肌における治療は、保険が適用されるので、費用面でも安心です。

ハンドクリームやボディークリームを使っても改善の兆しが見えない場合は、病院に行きましょう。

皮膚科で診療を受ければ、効果的な保湿薬や、塗り薬をもらえます。

放置しておくのが乾燥肌にとって一番危険なので、ひび割れや赤切れが起きる前に、診察を受けましょう。

病院に行かずに乾燥肌に効果のある薬で自宅治療をする

乾燥肌は、自宅療法でも改善が可能です。

病院までの距離が遠い場所に住んでいる人や、病院に通いたくない人は、自宅療法で対応しましょう。

数か月自宅療法を試してみて、それでも治らなければ、病院に行くべきです。

自宅療法では、市販の乾燥肌薬や、保湿薬をまず試してみましょう。

市販薬でいえば、グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパンの「HPクリーム」がおすすめです。

ヘパリン類似物質を含有しており、処方薬に引けを取りません。

もし、HPクリームでも効果が得られなかった場合は、個人輸入で処方箋医薬品を注文しましょう。

乾燥肌では、ヒルドイドが最も効果が高いです。

他にも、個人輸入であれば、薬局やドラッグストアなどで販売されていない医薬品が購入できます。

極端に言えば、自宅から一歩も出なくても適切な肌ケアができるようになるのです。

しかし、乾燥肌以外の肌疾患がある場合は、一度病院で診察を受けましょう。

どんな薬が適切かを知ってから個人輸入を利用したほうが、治療には効果的です。