コンテンツへスキップ

誰でも乾燥肌になる

乾燥肌は加齢やストレスなどの影響で突然発生する


乾燥肌は、先天的な体質でなる場合と、後天的に発生する場合があります。もともと肌の保湿力が弱いと、乾燥肌になりやすいです。体質の場合、季節に関わらずドライな状態に悩まされます。

乾燥肌になると、ニキビが多くできたり、かゆみが発生して表面を無意識的に爪で引っ掻いてしまったりするのです。

秋から冬場は、特に空気が乾いているので、普通の人でも乾燥肌になります。また、乾燥肌は、ある程度年齢を重ねたとき、突然発症するケースもあるのです。

生まれつきではなく、加齢やストレス、その他の生活習慣が影響して発症します。敏感肌な女性は、突然発症しやすいです。

乾燥肌は、秋の季節から冬の終わりまでに発生しやすい肌トラブルで、クリームや洗顔料や入浴剤などでケアをしなければなりません。

もちろん、女性だけではなく男性も乾燥肌になります。敏感肌な男性は、洗顔のしすぎなどで生じることが多いです。

また、皮膚が乾燥しやすく保湿力が失われやすい真冬の時期は、肌トラブルに見舞われやすいと言われています。

乾燥肌は何故かゆいのか


乾燥肌の原因は、角質が空気の乾きでボロボロと自然に剥がれていくことです。肌も新陳代謝を普段から無意識的に繰り返しています。見えないレベルで角質が常に落ちているのは自然なことです。

しかし、乾燥肌の人は、かゆみから日常的に掻きむしってしまいます。また、掻き傷が悪化すると、今度は激しい痛みが生じるのです。乾燥肌によって慢性的に皮膚のコンディションが悪くなると、最悪の場合、皮脂欠乏性湿疹になります。乾燥肌体質の人は、早めにケアしましょう。

乾燥肌は、基本的に秋から冬場にかけて、空気が著しく乾燥する時期に発症しやすいです。また、夏場でもエアコンが激しく室内で使われてると、乾燥肌になります。

他には、動物アレルギーやハウスダストなどのアレルギー疾患が原因で乾燥肌になる可能性も高いです。ストレスが原因でも乾燥肌になります。季節に関係なく、保湿ケアを習慣付けておくと良いでしょう。

乾燥して痒くなり掻きむしると傷になり症状が悪化する


空気が乾燥する季節になると、肌が乾燥しやすくなります。もともと乾燥肌の人は、無意識に描いてしまうので、角質に傷ができやすいです。

乾燥で肌が割れることもあるので、日頃からのケアが必要になります。日常的に掻いていると、炎症が起きて症状が悪化するので、痒みとの戦いも乾燥肌のポイントです。

乾燥した肌を何度も掻くと湿疹化することもあり、乾燥性の皮膚炎になることもあります。寒くなると暖房をつけますが、体が温まると肌が痒くなりやすいです。

また、加齢の影響で肌の保湿力がなくなり乾燥することもあります。他には、入浴時に体を洗いすぎると必要な皮脂まで失われて肌の乾燥が進みます。こういった乾燥肌をケアには、保湿が最適です。

肌が乾燥すると、皮膚のバリア機能が失われて、紫外線など外部からの刺激に弱くなってしまいます。抵抗力がなくなると菌に感染しやすくなり、皮膚炎の原因にもなるのです。

皮膚炎は人によって様々な症状が出ます。乾燥性皮膚炎の治療では、皮膚の乾燥を抑えることが基本です。乾燥肌に悩んでいるなら、皮膚科に行きましょう。効果の高い外用薬や保湿剤を処方してくれます。

乾燥肌の症状を押さえるための薬

乾燥肌の症状をおさえる薬の種類はさまざまです。ヒルドイドフォルテクリームはヘパリン類似物質の働きで皮膚の乾燥を防ぎます。血液の流れをスムーズにして皮膚を乾燥から守るのです。

ヒルドイドフォルテクリームはケロイドの治療にも使われています。人間の皮膚は、もともと外部の刺激に抵抗する力と保水力を持っています。

ヒルドイドフォルテクリームに配合されているヘパリン類似物質は、体の持つ免疫力を保湿や血行促進、抗炎症という3つの作用でサポートできるのです。新陳代謝を高めることで肌の再生を促します。

ヒルドイドフォルテクリームは、クリーム状の薬剤で、直接肌に塗ることで症状を治していきます。また、ジェルタイプのヒルドイドフォルテジェルもあります。ジェルは使い心地が良いため人気が高いです。

ヒルドイドは皮膚乾燥の薬として全国的に有名で、女性の中には美容目的で使う人もいます。ヒルドイドには高い保湿効果があり、皮膚の乾燥症状を緩和するのです。

使用した部位の血行を促し、血行障害が原因の腫れや痛みを軽くすることができます。ヒルドイドは、皮脂欠乏症やケロイド、瘢痕などの治療に使われる薬剤です。

1日1回から数回患部に塗布するかガーゼにのばして貼り付けると、肌を保湿します。