思春期の肌ケア

二十歳を越えたらプラセンタを使ってみるのも良い

美容に効果があるとして、プラセンタに注目が集まっています。プラセンタとは「胎盤」という意味です。胎盤には人の体をつくる成長遺伝子がたくさん入っていて、いつまでも若々しい体でいられる効果があると評判です。年齢が気になってくる三十代過ぎぐらいからプラセンタを利用する人が多いですが、ニキビや肌荒れ、乾燥肌やそばかす、シミなどの肌トラブルが気になるようであれば、二十歳過ぎぐらいから利用してもいいでしょう。

美肌にはセラミドがいいといわれていますが、プラセンタにはセラミドを生成する作用があるといわれています。また、必須アミノ酸をふくむ数多くのアミノ酸も豊富にふくまれていて肌や体のアンチエイジングにも役立ちます。肌のターンオーバーが整えられることで、保湿されやすい肌になり、ニキビなどの肌トラブルになりにくい体質になります。

ですので、今までいろいろなクリームや美容液を試してきたけど、なかなかニキビの改善が見られなかった、という人は、プラセンタで、内側から肌質を改善してみるのもいいかもしれません。ただ、まれに脂性肌の人は、プラセンタを使用することによって、かえってニキビが悪化することもあるので注意が必要です。

プラセンタはドリンクやサプリメントとして、さまざまなメーカーから販売されています。ドリンクタイプとサプリメントタイプがあるので、どちらにするかは、自分に合ったほうを選ぶようにするといいでしょう。せっかく購入したのですから、充分にその効果が発揮できる飲み方をしたいものです。一般的には、プラセンタはいつ飲んでも問題ないといわれていますが、一番効果的なタイミングや時間帯があるということも知られています。

プラセンタなどの美容にいいとされるサプリメントなどは、夜寝る前に飲むと一番効果的であることがわかっています。それは、成長ホルモンは夜寝ている間に分泌されるので、肌の再生や修復が就寝中におこなわれるため、プラセンタの効果が最大限に発揮されるからです。ですので、眠る30分前ぐらいに飲むようにするといいでしょう。

プラセンタは医薬品ではないので、即効性があるというわけではありません。ですので、効果がでるまで継続することが大切になります。ですが紹介したようにプラセンタは肌トラブルを改善する効果があるので、あせらず気長に飲み続けるようにしましょう、そして当然のことですが、一日の用量は、守るようにしなければなりません。